FACT.ATTIC代表 辻井のブログ

2017.03.24

解体の時にもっていくもの

解体の時にもっていくもののお話です

 

付け焼刃の面接官 辻井がお送りします。

 

和モダンのデザイン

 

 

 

珍しく今日の作業のお話です。
あまり役に立つ情報ではありませんので、あしからず(笑)

 

 

 

本日 解体工事に立ち会ってきました。

 

 

 

・・・で、柱を一本持って帰って来ました。

 

 

 

コレ↓

 

 

 

既存の柱を取り外し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がいっぱい刺さっているので、引っこ抜いて。

釘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石膏ボードのカスホコリヨゴレクロスのコーキングなどを削り取って清掃、フキアゲます。

 

 

 

 

 

 

 

 

柱掃除

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

 

 

 

新築の家に付ける為です。

 

 

 

 

WHY

 

 

 

思い出の詰まった柱だからです!

 

 

 

 

 

思い出の柱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい頃、祖父が(借家なのにも関わらず(笑))柱に私たち孫の成長を刻んでくれました。

背が大きくなるだけで褒めてもらえたので、たまらなく楽しい思い出の詰まった柱です。

 

 

 

 

家は解体されて、もう有りません。

 

 

解体される時が判っていれば残しておけたのに・・・と、今でも時々思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

お客様のご自宅に打ち合わせのためにお伺いした際に、そんな柱を発見してしまいましたので、即決で移設する事に決めました!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく簡単に考えていましたが、清掃と補修に2時間くらい掛かってしまいました(–;)

でもきっと喜んでもらえるはずなので、やり甲斐が有ります。

 

 

 

 

 

ただ、持って帰って来る際に車のシートに釘の穴が・・・(泣)

 

 

 

 

 

 

シートに開いた釘穴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オチが着いたので、良かったです(謎)

 

 

 

 

 

 

 

思い出も大切にしたいと思う 辻井でした。

 

 

プライスレス万歳。

 

 

 

 

 

Archiveアーカイブ